所変われば我変わる

いい歳になって来た証拠だろうか。辛抱が効かなくなって来た。確か、前回旅行をしたのは7月、台湾に行ったっけ。その前は5月でマダガスカル、その前は3月ブラジル、その前は・・・そう、年明けはチリで過ごしていたっけな。
10月も目の前になったこの日、我慢も限界を越え、航空機のチケットを昼休みに購入、そして今ソウルにいる。

 

今までに増して強くなる旅への想いは、最近毎週羽田空港に飛行機を見に行く機会があるからか、はたまた、ビジネスで各国の話が出るからか。さらにはさらには・・・列挙しだしたらきりがない。

旅に口実は不必要だと思うものの、一旦は夏のイベントで燃え尽き疲れ果てた心を癒す旅に出ることとした。そういえば、夏休みだって自己都合により、まだ取ってもいないのだ。

 

我々日本に住む人間にとって、台湾・中国・韓国などは極めてありがたい存在である。
2、3時間程度飛行機に乗ってしまえば、そこには全く異なる文化が広がっており、いつでも楽しませてくれる。数千円で目的地へと運んでくれるLCC(格安航空会社)は衝動的に沸き起こる旅への欲望を解決してくれる良き友となり、旅先での友人との再会は当たり前のイベントとなった。

 

ほろ酔いだからいうわけではないが、私は本当にしあわせである。
いつも以上に無計画な旅ではあるものの、所変われば品変わるである。
全てが新しく、全てが喜びに満ちている。
いや、もしかしたら所変われば我変わるなのかもしれないな。

 

写真は夜食に食べたイイダコのダッカルビと、本日の宿。

2 Comments

  • miyachan 09/29/2019 at 01:13

    燃え尽き疲れ果てても、旅に出る気力と体力がある。別腹ならぬ別生命力の持ち主か!感嘆!尊敬!
    世界を知るMrinaさんにDestinationとしての韓国の感想、評価を教えてほしい。私は韓国も台湾も行ったことありません。

    Reply
    • MARINA 04/21/2021 at 21:58

      Destinationとしての韓国。何を目的とするのかにもよるので難しいご質問ですね。
      文化を知るという観点で言うと、韓国語が自由でないこともあり、残念ながらふっかーい韓国をまだ知れずにいます。
      ただ、週末ふらっと行って異国情緒を楽しむ、韓国料理に舌鼓という観点では大満足で、おおよそ思い立ったその日に航空券を入手、韓国の地を踏むほどのレベルです。つまり、海外に行く感覚を越えています。(大久保に行く感じ。)
      また、友人という観点でも恵まれており、モンゴルで友人になった子達と毎年の如く日本か韓国、時に台湾で合流しており、深夜までコアな店で梯子酒なんてしょっちゅうです。これははなまる級の満足度です。

      Reply

Leave a Comment

CAPTCHA