マファルダで「原始家族フリントストーン」を思い出す

マファルダ(知らない方はこちら)に関する論文を読んでたら「Picapiedra」という名の漫画に関する言及があった。どのようなものかを調べてみると子どもの頃に見た覚えのあるアニメーション「The Flintstones(邦題:原始家族フリントストーン)」のことらしかった。それは1960年9月30日、米国のABC放送によって放映された初の大人向けアニメーションで放映当初の予想を大きくロングランアニメシリーズとなった。1997年に「ザ・シンプソンズ(The Simpsons)」に抜かれるまではその放映記録は最長を誇っていた。

ハンナ・バーベラ・プロダクション(Hanna-Barbera Productions)が制作したこのアニメはは原始時代を舞台に恐竜の骨や石器を用いて現代的な生活を営むフリントストーン一家の姿を描いており、当初誰もが想像しなかったほどに大成功を遂げた。米国向け作品はその放映からわずか4年後には大西洋を渡り、テレビシオン・エスパニョーラで放送されることになった。

このコメディは石器時代の町を舞台としているものの、20世紀半ばの米国社会が当たり前としている資本主義を前提としている。当時としては高度とも言える技術を持つ人々は、恐竜をはじめとし人間の到来や、それ以前の季節変動によって絶滅した種族と共存しているという特徴も併せ持つ。また、トロンコモーティブに乗り、動物の皮を衣服として身につけた人々が登場するこの作品ではパブロ・マーモルのギャンブル依存症、フリントストーン家に迎えられる養子バンバン、結婚や宗教などの多くの社会制度、どこの家族でも見られるような家庭内の摩擦など社会現象をテーマとして組み込んだ。

 

フリントストーンは当初町の人口を2,500人としていたが、第6シーズンのリップ・ヴァン・フリントストーン(Rip Van Flintstone)では30,000人と急増している。ベッドロック(Bedrock)はいわゆるアメリカの中規模都市で、あらゆる設備が整っている。警察署は住民を保護し、石造りの建物が多い街では不要かもしれない消防団もある。これはボランティアによって運営されている。この町の近くには、フレッドと親友のバーニー・ラブルが誤って入隊した陸軍のキャンプ・ミルストーン陸軍基地がある。学校もあれば医者もある。この町で最も有名な雇用主「Rockhead and Quarry Cave Construction Company」のちの「Slate Rock and Gravel」は、竜脚類の恐竜をクレーンとして使っていた。いずれにしても前提にあるのは先史時代の社会ということだ。

  

 

このアニメは大人向けのアニメだったこともあり、タバコ「ウィンストン(Winston)」が登場したり、ピーターとヴィルマが一緒に寝室にいる場面なども採用されている。

 

ヤバ・ダバ・ドゥー(Yabba-Dabbo-Doo!)で知られるこのアニメは色褪せることない。店内全品390円で知られるのバラエティショップ「サンキューマート」も2017年にその関連グッズを発売したし、2019年にはカリフォルニア州ヒルズボロの「フリントストーンの家」が「公共に対する迷惑」とされ自治体に訴えられていた事案は和解した。グランド・キャニオン(Grand Canyon)近く、つまりアリゾナ州ココニノ郡にあるフリンストン・ベッドロック・シティ(Flintstones Bedrock City)は初代オーナーリンダ・スペックルズ(Linda Speckles)の引退後も人気を博す。ちなみに入園料は5米ドルだ。

2021年4月には新作「ベッドロック」作成が報じられた。オリジナル版の20年後の世界を描いたするものだ。フレッドは定年退職を控え、20代のペブルスは自分のキャリアをスタートさせている。石器時代から青銅器時代へと移行する中で、ベッドロックの住人たちは、この進化をバンバンの棍棒の一振りよりも難しいと感じることになるだろう。

60周年も残り1週間となり、2021年の9月30日には61回目の誕生日を迎えるフリントストーン。これからも社会問題に疑問を呈し、我々に気づきを与えてくれることだろう。

 

ちなみにこじつけなのか、過去の予言なのかはわからぬが、COVID-19型の未確認飛行物体が同アニメに登場してくいると提起したYouTubeチャネルがあったので紹介しておこう。

それによるとトゲのあるUFOを開けると中からエイリアン(ウイルス)が放出される。古代宇宙飛行士理論を研究している人の中には、宇宙人はウイルスを使い人類のDNAを変えていると主張する人もいるそうだ。ノストラダムスの予言的な話ではあるが極めて興味深いエピソードの一つといえよう。信じるかは個人の裁量に基づく。

 

COVID-19のワクチン接種で袖のない服が必要とされたこと、さらにはユーモアを使ってワクチン接種への恐怖を緩和することを目的としカナダ在住トッド・スコット(Todd Scott)は、フレッド・フリントストーンの格好をしてワクチンを接種した。時代を超え愛されているキャラクターだと言うことは、このことからも立証されるだろう。

 

 

参考資料:

1. ‘The Flintstones’ Adult Animated Comedy Sequel Series ‘Bedrock’ From Elizabeth Banks In Works At Fox
2. The Flintstones’ 10 Greatest Prehistoric Contraptions
3. 「フリントストーンの家」の所有者、地元自治体と和解
4. ‘Los Picapiedra’ tendrán una nueva serie de la mano de Warner Bros
5. 60 años de ‘Los Picapiedra’, la serie pionera en animación para adultos
6. Manitoba man dresses as Fred Flintstone to get vaccine, hoping humour will combat vaccine hesitancy

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA