ニカラグア大統領選2021:相次ぐ逮捕者、ついに元同志にも

ニカラグアでは選挙を前にして反体制派の逮捕者が続いている。11月7日の大統領選において有力な野党対抗馬(予定)だったクリスティアナ・チャモロ・バリオス(Cristiana Chamorro Barrios)が6月2日自宅軟禁のに始まり(詳しくはこちらから)、あれよあれよと逮捕者の数は増えていった。その手はサンディニスタ革命においてともに戦った旧友にもおよび、すでに12人にもなる。

2020年12月に承認された法律「人々の独立、主権および平和のための自己決定に対する権利の擁護に関する法律(1055)」に基づく逮捕で、この法はクーデターを主導または資金提供する人間、憲法に異議を唱えるもの、ニカラグアの独立・主権・自決に対する陰謀者、外国からの内政干渉を扇動し外交・軍事介入を求めたり、 実行するために外国から資金を得ているものなどを国への反逆罪、平和を脅かす罪として取り締まるとしている。そしてそれらの人物は選挙戦の候補者としての資格を剥奪されるのみならず禁固刑も受ける可能性がある。

Please wait while flipbook is loading. For more related info, FAQs and issues please refer to DearFlip WordPress Flipbook Plugin Help documentation.

 

ドラ・マリア・テジェス(Dora María Téllez)は第1期サンディニスタ政権(1979-1990)で保健相に就任し、また国家評議会副議長、国会議員を務めた。コマンダンテ2として知られる彼女は医学生のときにFSLNにリクルートされた。1978年にはニカラグア国会開催中の国家宮殿を襲撃、市民や政治家を人質に取り政治犯の釈放や身代金、そして彼らの求めるものを主張した。ノーベル文学賞を受賞者のコロンビア作家ガルシア・マルケス(Gabriel José de la Concordia García Márquez)もサンディニスタを追った小説の中に彼女を登場させ、誰も忘れることのできない存在となった。

ビクトル・ウゴ・ティノコ(Victor Hugo Tinoco)もまた第1期政権で副首相を勤めていた。退役将軍のウゴ・トレス(Hugo Torres Jiménez)もまた、共に戦った同志、むしろ1974年にハイソサイエティのクリスマスパーティーを襲撃することでオルテガを刑務所から解放した一人だ。

彼らは1995年、ダニエル・オルテガと袂を分つようにサンディニスタ刷新運動(Movimiento Renovador Sandinista:MRS)を結成、それが刷新民主連合(UNION DEMOCRATICA RENOVADORA:UNAMOS)の原型となっている。MRSは反政府路線を引き、大多数のニカラグア人が貧しいのにオルテガ一族がこの国を私有財産化しようとしていると非難していた。そもそも第2期オルテガ就任の時から社会においても副大統領にロサリオ・ムリージョ(オルテガ夫人)を据えたことは、一族独裁支配の証として批判も内外で出ている。

「それは体制の絶望的な一撃だ。かれらは瀕死状態を感じており、法的な口実を持たないし、今年の11月以降も権力に留まり続けるためのいかなる正当化も、法制度の観点からは持っていない」、ウゴ・トレスは警察に逮捕される前に語っていた。

トレス・ヒメネスは言う。ソモサ独裁政権の戦いから46年、この年になってまた新しい独裁と闘うことになろうとは。そしてAnimo、Animoと繰り返し語りかける。歴史は我々の味方だと。

なお逮捕者には、クリスティアナ・チャモロ(Cristiana Chamorro Barrios)以外にも3人の大統領候補アルトゥーロ・クルース(Arturo Cruz)、フェリックス・マダリアガ(Félix Maradiaga)、フアン・セバスチアン・チャモーロ(Juan Sebastián Chamorro)が含まれている。

もちろんこの大統領の再選のための戦術、選択的逮捕はもちろん国内外から批判が出ている。米州機構(OEA)も現在のニカラグアの状況を不安視するとともに、政府によって政治的恣意に基づき人権が迫害されているとし、即時この行為を停止するよう求めている。

2006 年 11 月5日の選挙を経て18 年ぶり大統領となった革命のリーダーオルテガは、2021年11月7日4期目の再選を目指している。

 

ニカラグア旅行に関する私の記事はこちら(英語)から。順次日本語予定。

 

参考資料:

1. Nicaragua: fin de semana de detenciones contra líderes opositores
2. Nicaragua: cuatro aspirantes presidenciales y otros líderes opositores bajo arresto
3. México expresa su preocupación por los opositores detenidos en Nicaragua
4. Nicaragua: quién es Dora María Téllez, figura clave de la Revolución Sandinista y detenida junto a otros opositores
5. El régimen de Ortega detiene a Dora María Téllez, figura prominente de la revolución sandinista
6. Daniel Ortega: from revolutionary to absolute overlord

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA