ドイツパンを食べながら思うこと

若干ラテンアメリカに関する情報が多くなり、キャラがそっちに言ってしまいそうなので、時にドイツのことも書いてみることとしよう。ドイツ。行ったことは多分ない。でも昔から親近感のある場所だった。それは一般的にドイツ人と日本人の気質が似てるとか(私は全くそうは思わない)、アニメ “MONSTER” を読んでたからとか、そういうことではない。

我が家にはドイツ担当とでも言うべき人間がおり、彼女に聞けばドイツに関するいろいろな話をしてもらうことができたからだ。更に言うと、毎晩寝る前には “Gute Nacht” と、朝起きれば “Guten Morgen” と彼女に言うのが習慣だった。彼女とは私の祖母のことを言う。祖母は兎にも角にもアクティブでバイタリティに満ちていた。我が家系が全員旅好きなのは、おそらく彼女の影響だし、私が初めて手に入れた旅行用のバックパックは彼女のお下がりで、スイス国旗がついていた紫色のそれだったことを今でも鮮明に覚えている。そんな彼女は今から50年くらい前にはすでにバックを担いで一人でドイツを旅しまくっていた。ばあちゃんのことを書くブログではないし、虹を渡ってもないのに回想録調で書くと怒られそうなので、この辺りでやめておこう。とにかく、彼女から得たドイツの影響は明らかに強い。

さらに我が両親からの影響も強いといえよう。ハインリヒ・シュッツ(Heinrich Schütz)に思い入れの強かった彼らはおおよそ週末の朝にドイツのコーラス(?)をかけていて、常にその音楽ととも私はいる状態だった。

いずれにしても、私が想像する一般的な日本家庭とは異なる形でドイツと接していたように思う。

 

 

1989年11月9日ベルリンの壁の崩壊は、大きな衝撃とともに自由を手にすることの喜びを目の当たりにした瞬間だった。皆の歓喜する姿が眩しく映ったことを幼心にも覚えている。

あれから30年以上が経過した。ドイツの人々は自らが勝ち取った民主主義は、今もなお世界で脅かされている。東西冷戦、ベルリンの壁についてあまりにも無知であることからこれ以上は書くつもりはないが、いずれにしても我々が築くべきなのは分断の壁ではなく、皆が地球人としてともに幸せに暮らせるような未来なのではなかろうか。

 

なお、パンの話を書こうとしたら全くの横道に逸れたが、吉祥寺にあるドイツパン屋 “Linde” は、ドイツ気分を味わいたい人におすすめだ。眺めはよくないけれど、美味しいパンを食べながらゆっくりとした時を過ごすことができる。

今日はベーコンブリューゲルをいただいた。しっかりとスモークした厚切りベーコンが入っていて、かみごたえも抜群で満足度も高い。本日ベーカリーで流れていた音楽を一つご紹介。

 

メキシコ人俳優ガエル・ガルシア・ベルナルによる米国の壁に関するブラックジョークはこちらから。

 

BÄKEREI KAFFEE LINDE(吉祥寺)

 住所
  東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-27 (1-11-27, Honcho, Kichijoji, Musashino-shi,Tokyo)
 電話
  0422-23-1412
 価格帯
  
 営業時間
  AM10:00 ~ PM7:00(オーダーストップ PM6:30 イートイン PM7:00)
ホームページ
  https://www.lindtraud.com/

2 Comments

  • miyachan 06/14/2021 at 02:15

    H,シュッツ、透明感のある美しい旋律、心が洗われる。ご家庭にかような音楽の流れるお育ち、MARINAさんの情操豊かさ、納得。ご両親は音楽の先生ですか?「ドイツ、行ったことがない」には驚き。ドイツを避けているんですか?祖母は納得してますか?ツッコミを入れたいところ。
     LINDEのドイツ食で、豊かな時間を過ごしたい。ただ、硬いパンは苦手。

    Reply
    • MARINA 06/16/2021 at 07:23

      この時代、いつ何時どこの国に行けなくなるか分かりませんが(そうなってはもちろん欲しくない)、ヨーロッパは比較的情勢も安定しており、祖母を見ていると何歳になっても行ける気がするので、後回しにしています(笑)ドイツ周辺国の方々も訪日に際しては、我が家に宿泊していたりなので、コミュニケーションも取れていましたし。
      ドイツパンも全てがカチコチではないですよ。全体的にかみごたえはありますけどね。小さい頃から口にしていたので、慣れました。なお、両親ともに会社勤めですね。

      Reply

Leave a Comment

CAPTCHA