日本:初のナイジェリア料理は吉祥寺で食してみる(東京)

今日は行ったことのない国の料理を食べてみよう。個人的にまだまだ訪れることができていないのは、中央アジア、ヨーロッパ、そしてアフリカ中央部だ。

前々から気になっていたお店がある。その名もアフリカ大陸。 吉祥寺にひっそりとあるそこは中央部の料理を主に提供しており、まさに今日の要求を完璧に満たしてくれる場所のように思えた。

ペラペラと可愛らしいメニューをめくっていると、気になる料理が目についた。それはナイジェリアを中心とする場所で家庭料理としてよく食べられていると言うエグシ(瓜科の植物の種)でできたスープである。 主な材料としてはパームオイル、葉野菜、玉ねぎ、唐辛子、もちろんエグシで、ラムや牛、魚などを加えながいろいろなスタイルで食べるとのこと。なお、エグシをはじめとした瓜科の野菜は脂肪とタンパク質が豊富な食物として西アフリカで好まれているようだ。

 

アフリカ大陸ではエグシをクレイフィッシュ(干し魚)とラム肉、そしてビターリーフとともに煮込み提供される。少しスパイシーなそれは、エバ(発酵したキャッサバ粉で作ったお餅)との相性抜群で、いちど口にすれば手が止まらない。さらに、脂質が豊富といえどもしつこくなく、何杯でもいけてしまいそうなほどである。

ナイジェリアの人々はこんなにおいしいものを毎日食べているのか。全くもって羨ましく、そしてほんまもんのそれを食べてみたいと思った。

なお、ここアフリカ大陸では本場間を味わいたい、つまり手で食べた後にちゃちゃっと手を洗えるようフィンガーボールも用意してくれる。私?もちろん、手で食べた。

 

アフリカ大陸

 住所
  東京都武蔵野市吉祥寺南町2丁目13ー4 オフィスワンビル地下103

 電話
  0422-49-7302

 価格帯
  

 営業時間
  火、水、土、日、祝日、祝前日:

   ディナー 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
       ※月、木、金が定休日

 

このお店の詳細はホームページから。
なおお店を訪れられない人のためにエグシスープのレシピもこちらに掲載しておく。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください