サンバカーニバルを日本で見る方法

今年もカーニバルの季節がやってきた。ブラジルのカーニバルといえば、やはりリオ・デ・ジャネイロのそれが有名で、誰もが真っ先に想像するのではないだろうか。連日200万人の観客がリオの街を埋め尽くすという。私も長年、リオのカーニバルを見ることを夢見てやまないが、未だ願いは叶っていない。2月末の開催、これがまた曲者で、なかなかこの時期に休暇を取れないのである。その上、ブラジルはあまりにも遠く、週末ブラジル、なんてことは全くもってできないのである。事実、世界一周(赤道全周) の距離が40,075 kmである一方、日本−ブラジル間はその距離17,371 kmと、おおよそ地球半周に値する。

ブラジルのカーニバルを訪れるのが難しい日本人であっても、サンバ・カーニバルを楽しむすべが実はある。東京観光の名所である浅草で、なんと8月の最終土曜日に毎年それが催されているのである。1981年に始まったこのお祭りは、今や50万人もの観客を1日で浅草に呼び込み、一大夏の風物詩として定着した。

 

なお、このサンバカーニバル。日本だけで有名というよりは、北半球における最大規模のものであるということから、世界でも知名度を上げてきている。

 

その名の通り浅草サンバカーニバルのルーツはブラジルのカーニバルにある。しかし、そこには”日本らしさ”も残っており、極めて興味深い。

私のようにもし、ブラジルにカーニバルシーズンに行けなくても、気落ちする必要はない。日本にそれがあるのだから。

 カーニバルを見るのは楽しい。でも、もし興味があればサンバチームに参加してみてはいかがだろうか。きらびやかな衣装に包まれ、とびきりの思い出がきっとできることだろう。
 

 

 イベント名:  浅草サンバカーニバル
 日付:         毎年8月最終土曜日
 時間:         13:00~18:00
 入場料:        無料
 場所:         東京/浅草
 ホームページ:  http://www.asakusa-samba.org

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA