クアール語話者は世界で2名だけ

スペインなど西側諸国による侵入と植民は、アメリカ大陸・カリブ諸国の文化を滅亡に導いた。コンキスタドール(征服者)たちは自らの考えを押し付け、現在に至るまで続く白人優位の下にメスティーソ、インディオ、黒人といった社会構造を形成した。先住民文化の消失は、西洋の影響によるものだけではない。近代化に組み込まれ、その生活形態を変容させたことも原因だろう。メキシコの公式発表によるとすでに死滅した言語の中にクアール(Ku’ahl)言語と言うものがある。

クアールという先住民族の言語は、パ・イパイ(Pa Ipai)、クアパ(Kuapá)、クミアイ(Kumiay)、キリワ(Kiliwa)とともにコチミ・ユマナ(Cochimí-Yumana)言語族に属している。この語族は、アメリカ南西部とメキシコ北部のバハ・カリフォルニア(Baja California)州におり、約1,171人の話者がいる。この数はメキシコにおける他の語族に比べて少ない。5つの民族は、かつての先住民族開発委員会(現在の国立先住民族研究所)が絶滅を加速させている14の民族のリストに入っているし、ユネスコもこれらの言語が絶滅の危機に瀕していると考えている。

ユマンは8000年以上前の言語を使うが、スペイン語には1000年程度の歴史しかない。また、彼らの祖先がバハ・カリフォルニアの各地で描いた大陸最古の洞窟画を守る存在でもある。そんな重要なミッションを持った民でもある。

クアール語自体はパ・イパイ語から派生したと考えられちる。パ・イパイ族自体は約200人程度いるとされるも、クアール語に至っては話者がたった2名しかいない。つまりはクアール語を話す最後の2人が亡くなれば、彼らの言語的遺産は永遠に消滅することとなる。

 

クアール語族で残った2人は自分たちの言葉を守るために博物館を開設。美術館の経費を捻出するために、原住民の1人は自分の手で作った陶器を販売している。ダリアの作るこの器は、新郎新婦の習慣であり、結婚生活の幸福を表すものだった。小さな「クアール博物館(Museo Ku’ahl)」はバハ・カリフォルニア州のエンセナダ(Ensenada)市のミシオン・デ・サンタ・カタリーナ(Misión de Santa Catarina)のコミュニティにある。エンセナーダの東約50マイル、サンディエゴ(San Diego)から車で約3時間のところにある。

叔母テレサ(Teresa)と姪のダリア・アルメンダ(Daría Armenda)が、クアール語を話す最後の2人だ。彼女たちはクアール語を忘却の彼方に追いやることを拒み、クアール語の保存に努めている。言語だけでなく、習慣や文化の歴史的な記録を残すことを目的としこの美術館を作った。展示品の中には、ダリアが自ら収集した矢じりなどもある。

 

こんな物語がある。

クアールの人々は昔、洞窟に住んでいた。藪の中で寝て、行き来して、何でも所有していた。その土地は彼らのものだった。そして長い長い年月が経つ。現存するクアールの人々はほとんど残っていないが、文化を無くさないためにもこれからも話し続ける。私たちは、心を込めてクアール語を決して諦めない、そんな

ÑechYeych Ñech  Kua’hl
Kur ñuyuy Tipai wuajal ñuay.
Marrtuaiy chimach, na niyiu chaniw
Marrta chamil. ñmatch
Marrtatuam kualeuli. Ajkai
skiukaniwa
ñechi inlichli nip-am ñuay koatlal. Yus piñuayuklauay
Ñechi karkuar nikuchka 
Ñechi yeeyum guakum karkuar mayumli trrumak ajka

 

パ・イパイやクアールは家庭や公共の場でほとんど使われていない。だからそれが失われないように、保護・普及させる必要がある。オーディオやビデオのコンテンツを作成し親から子へ普及させていく必要がある。少しずつではあるが、YouTubeでもコンテンツが増えてきた。クアール言語に興味のある人は以下で練習してみよう。

 

メキシコでは多くの言語が消滅した。それは各言語を話す人たちがスペイン語の使用にそれを置き換えた事による。失われた言語の中にはそれに関する記録がほとんど残っていないこともあり、復元もできないものもある。そしてクアールもまた完全に消滅する可能性が高い。だからそれを保存するために2008年、カリフォルニア州のサンタバーバラ大学で、その文法の研究が始まり、消滅を防ぐための活動が始まった。研究では発話方法や文法について調べている。

 

バハ・カリフォルニアにいる先住民は、メキシコの公式の歴史から意図的に消されてきた。その民族は認識されていないと同時に、彼らの土地が資源採掘プロジェクトによって脅かされているという同一の課題を抱えている。この国の大富豪たち(カルロス・スリム( Carlos Slim)、ゲルマン・ラレア(Germán Larrea)、リカルド・サリナス・プリエゴ(Ricardo Salinas Pliego)、アルベルト・バイエール(Alberto Baillères))が、この半島全域で鉱山やエネルギーの権益を持っているのは偶然ではない。失われてしまった遺物から学び、同じことが行われないように、そして現在彼らが抱える問題をシェアする必要がある。

 

パ・イパイのテレサ・カストロの物語は以下から。

 

参考資料:

  1. Ku’ahl, la lengua indígena mexicana que sólo hablan dos personas
  2. Aunque para el Gobierno su lengua está extinta, las dos últimas hablantes de Ku’ahl luchan contra el olvido con su propio museo
  3. Una historia inesperada: el museo Ku’ahl
  4. Difundirá el Cecut charla sobre la visión del cosmos de dos pueblos originarios de BC
  5. Atlas sociolingüístico de pueblos indígenas en América Latina
  6. La harina en el cielo. Representaciones, prácticas y saberes astronómicos de las familias pa ipai y koal del municipio de Ensenada, Baja California.
  7. Ku’ahl, la lengua indígena con mayor riesgo de extinción
  8. Pie de Página cosecha dos Premios Nacionales de Periodismo 2019
  9. «Aquí estamos»: yumanos
10. Misiones de las Californias XLV: Misión de Santa Catalina Virgen y Mártir

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA