メキシコ国営石油企業ぺメックスで8月22日に発生した火災事故について

(photo by Fernando Rafael Arellano Rodriguez

 

8月22日16時30分、メキシコ湾カンペチェ(Campeche)にあるペメックス(Petróleos Mmexicanos:PEMEX)の石油プラットフォームで火災が発生。ガスや原油の配送センターであるク・マロオブ・サップ(Ku-Maloob-Zaap:KMZ)コンプレックスの一部E-Ku-A2製油所で起きた火災は8月26日時点で死亡者5名と負傷者6名(1人が重体)、さらに行方不明者2名という被害を出している。死者のうち1人はこの会社の社員で、他の4人はCOTEMAR社に所属していたことが確認されている。負傷者は重度の火傷を負い、シウダー・デル・カルメン(Ciudad del Carmen)の病院とIMSSの病院に搬送された。

https://twitter.com/Pemex/status/1429697017987620869

 

当初はプラットフォームの発電設備で火災が発生したとされていたが、海上パイプラインからのガス漏れによる火災だったことが判明している。この事故の原因はメンテナンス不足や捜査ミスではなく、あくまで偶発的、突発的、不測の事態によるものだと同社CEOのオクタビオ・ロメロ・オロペサ(Octavio Romero Oropeza)は語李、事故の根本原因を引き続き調査している。

https://twitter.com/Pemex/status/1430190126580346891

 

今回に限らずペメックスは過去幾度となく同様の事故を起こしてきた。先月7月5日、カンペチェ沖で発生した大規模な海上火災もまた暴風雨が海上パイプラインにダメージを与え、その結果のガス漏れと、「炎の目(海の中で火が出ている状態)」が海上に発生するほどの大惨事となった。これは国際的にも注目を集め、活動家のグレタ・トゥンバーグ(Greta Thunberg)や米国上院議員のバーニー・サンダース(Bernie Sanders)からも批判を受けていた。なお、メンテナンス不足やオペレーションミスでない証拠に2019年から2021年6月までの間で、ペメックスが保険金として2億9360万ドルを回収したことを証明と、ロメロは付け加えた。「事象の原因がメンテナンスや予防の不足によるものであれば、保険金は支払われない」ことによる。

 

石油公社によると、これでも最近は事故が減ったと言う。過去に事故が多かったのは2015年から2019年の政権下で設備投資を削減させられたことによると言う。アンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール(Andrés Manuel López Obrador:AMLO)が政権を率いるようになってからは、産業の安全性や信頼性の観点から政府はより多くの予算をこの国営企業に割り当てている。実績としては2019年には42億6500万ペソ、2020年は51億8800万ペソ、2021年には33億1000万ペソの投資が行われている。なお、製油所における補修工事不足はその低稼働率や低生産性を慢性的に招いてきた。事実2020年における稼働率は平均36.5%でしかなかった。

 

今回の火災は人の被害のみならず負債と言う面でも大きな影を落としている。油井125カ所の稼働が停止したことで、42万1000バレルの原油生産もまた停止している。これは国内生産の25%に相当する。8月24日には日量7万1000バレルを生成する油井35箇所の操業が再開され、続く36時間以内には29の油井の回復で11万バレルの生産量が加わる予定で、今月30日までにはすべての製造再開させるとロメロは報告をしている。とは言え、世界の石油サプライチェーンに影響を及ぼす可能性は大いにある。ぺメックスにおける2021年の主要取引先(燃料メーカー)はバレロ(Valero)、フィリップス66(Phillips 66)、シェブロン(Chevron)となっている。

 

エネルギー分野のアナリストであるアルトゥーロ・カランサ(Arturo Carranza)は、生産を滞らせることによる経済的な影響は1日3,000万ドルにもなるとし、「コストは非常に高いが、経済的なコストだけでなく、ペメックス社のイメージダウンにもつながる」と述べた。なお、火災事故以外にもぺメックスは危険な汚染物質の排出量を40%も増加させたことがる。

 

メキシコでは、COVID-19感染拡大で石油への需要が減退し、さらに原油価格の下落で石油の探鉱・開発が大きく落ち込むことはなかった。世界で10番目の売上を持つ石油企業はその一方で長年にわたり債務の危機にさらされている。AMLOはエネルギー自給計画の一環として石油公社の再生を提案している。昨今の脱炭素化の流れの中で新製油所を建設するような投資計画が問題視されている中、既存施設で余剰と化している資産を買収することも検討されてきた。その一環として政府はオランダの石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルから米国テキサス州ディアパーク(Deer Park)にある製油所のシェルの持ち分50.005%の買収を5月24日に発表した。そもそもこの製油所は両者のジョイントベンチャーが運営をしてきた。この製油所は日量34万バレルの原油精製能力があり、ガソリンを日量約10万バレル、ディーゼルを同9万バレル、ジェット燃料を2万5,000バレル生産すると言う。AMLOによるとタバスコ州ドス・ボカス(Dos Bocas)製油所が完成し(現在建設中)、国内6カ所の製油所の近代化が進み、さらに今回発表した製油所の買収完了すればと、メキシコは2023年にガソリン国内需要の100%を自国で生産できるようになる。

 

参考資料:

1. Pemex pierde 25% de su producción petrolera por explosión en plataforma
2. Cinco muertos y seis heridos tras el incendio en una plataforma de Pemex en el golfo de México
3. Reportan explosión en plataforma Ku-Alfa en Campeche… y sí, de Pemex
4. Explosión en plataforma de Pemex en Campeche: sube a 5 la cifra de muertos
5. Tormentas eléctricas y fuga de gas: así se originó el incendio del ducto en el golfo de México, según Pemex
6. メキシコ:Pemex中心に探鉱・開発を推進する政策が強まる可能性
7. Shell to sell interest in Deer Park refinery to partner Pemex
8. The Dos Bocas Refinery Project

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA