昆虫食とコオロギラーメン

昆虫食が今、注目を集めている。それは世界にさしせまる食糧難対策として国連食糧農業機関(FAO)が提唱したこともあろうが、何よりも畜産に比べて収穫までに必要な資源(土地、水、餌など)や時間が少ない一方で、得られる栄養素価は圧倒的に多いことにある。現在多く叫ばられているサステイナビリティの観点からしても、それは理にかなっているとも言えよう。

バグズファームによるとコオロギ養殖における温室効果ガスの排出量は牛と比較し1/2800。農地は1/15。飼料も1/6だし水だって1/22000分となっている。

 

「他国では昆虫を食べるのか」「気持ち悪い」などと思う人も多いかもしれない。そして中野ブロードゥエイでもその自動販売機が見られるように、最近は極めて商業的コンテキストでそれが利用されている。それは高価で販売されているが、物珍しさにひかれての購買を狙ったものだろう。でも、日本でも一部地域では昔から食べてきた伝統食だし、私も幼い時にお土産でもらったからと食卓に出されたイナゴの佃煮を覚えている。学生時代に訪れた長野では川遊び中に捉えたマゴタロウの素揚げは、小腹がちょっと減った際に重宝した。ちなみに、その変な名前の昆虫は、ヘビトンボの幼虫のことである。蜂の子だって有名だろう。

なお昆虫はアジア29カ国、南北アメリカ23カ国、アフリカでも36カ国が1,400種にものぼるそれを食している。主に食べられているのは幼虫や蛹(さなぎ)だが、成虫や卵も対象とされる。個人的には「絵」としてグロテスクでなければ、なんでも食べられるし、ベトナムで食べたサソリなども味こそないから特段美味しいと言えるものではないけれど、メキシコの市場で売っている塩味がしっかりついたチャプリネスはビールのおともにうってつけだ。(チャプリネスピザも食べたけど、私ややっぱりおつまみ的なものの方が好きである。)

 

 

昆虫は栄養価が高い。Wikipediaによると

昆虫の血液に含まれるタンパク質(アミノ酸)は哺乳動物の肉のタンパク質のアミノ酸構成に似ている、昆虫の血糖はトレハロースであり栄養価が高い、昆虫の脂肪は現代人が日常的に食べる油に近い、昆虫はヒトが必要とするビタミンのほとんどが含まれる、ミネラルが含まれるといったことが判明している。加熱することで雑菌等の問題もなくなるので、食品としての摂取にはなんら問題はない。

そういえば、小さい頃から全く違和感なく口にしたのは「ファーブル昆虫記」の影響もあったかもしれない。ちなみにカミキリムシ幼虫、「鉄砲虫」「ゴトウムシ」と呼ばれるものの味は格別で「マグロのトロ」のようだという。マグロもまた、乱獲などでその生体が脅かされているから、もしもこれらを養殖できれば、違う未来も見えてくるかもしれない。

ちなみに昨今はコオロギを使ったラーメンなども何箇所かのお店で登場してきたようで、高タンパクであるだけでなく鉄分、カルシウム、亜鉛、ビタミンB12、必須アミノ酸BCAA、オメガ3、キチンなどの成分が豊富に含まれているという。ラーメン好きな私としては是非食してみたいところだ。

コオロギはラーメン以外にも、良品計画がせんべいを出していたり、敷島製パンがパンを出したりと大活躍中だ。

 

コオロギラーメン情報:

1) おうちでコオロギラーメン(冷凍)

ANTCICADAオンラインストア
HP:https://antcicada.stores.jp


 2種類のコオロギでとったスープに、コオロギを発酵させてつくったコオロギ醤油、特製のコオロギ油、コオロギ練り込み麺とその名の通り、コオロギづくし。一杯に使われるコオロギは約100匹。

 2人前 2200円、4人前 4200円、10人前 10000円 
 ※トッピングコオロギの有無も選べる

 実店舗ANTCICADAではラーメンだけでなく、予約することでコース料理も食べられる。
  〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町 2-4-6(03-6881-0412)予約はこちらから。

 

2) こおろぎラーメン【しょうゆ】(干しめん)

バグズファームオンラインストア
HP:https://bugsfarm.jp/noodles/

 コオロギパウダーは魚粉のような風味と独特の大地の香りがする。しょうゆベースのスープは奥行きが出て複雑な味わいを醸し出す。一杯分の麺に約30匹、スープ一袋には約20匹の粉末コオロギが含まれているという。ご賞味あれ。

 2人前 1袋(200g) 780、2人前 1袋(200g)x 12袋  9,360
 2人前 1袋(200g)x 36袋  28,080

 

参考資料:

1. “蜂の子” とは
2. 昆虫食=ゲテモノなんて言わないで!1kg6000円で売れることもある「ざざ虫漁」に潜入してきた
3. 食料問題を解決?昆虫食

2 Comments

  • miyachan 06/17/2021 at 01:58

    昆虫食は環境への負荷が小さい。70億人の人間の存在自体が地球環境への脅威となり、食料確保のため、開発行為が進む。ゆえに、昆虫食の普及が急務である。持続可能な未来のために、、、
    現状がよくわかる内容のブログ、ありがとう。
    虫が苦手な人もいるので、粉末や隠し味の方が普及するのかな。ラーメンはトッピング無しで食べたい。それにしても、MARINAさん、サソリ食べたり世界中の昆虫を現地で食して凄い!それら食レポをしっかり、じっくり聞きたい。

    Reply
    • MARINA 06/17/2021 at 08:30

      そうですね、苦手な人はどんなに栄養価が高い、環境負荷が低いと言われても、「ちょっとね」と思いますよね。私はジャングルでも、生きてるものは基本的になんでも食べられるんだよと教えられたのと、現地の人が食べるものは基本的に自身の価値観に依存することなく、なるべく拒否せず食べるようにしています。まずはふりかけからでも・・・。オアハカに行って、まずはチャプリネスでビールを(笑)

      Reply

Leave a Comment

CAPTCHA