SUPPORT ANIMALS

皆さんは日本国内だけでも毎年何頭の動物が殺処分にあっているかご存知でしょうか。そもそも殺処分をご存知ですか。それは保健所や動物愛護センターに収容された動物の命を「人間の意志」によって断つことです。その数は犬5,635匹、猫27,108匹です。(2019年度 )

日本での殺処分数は年々減少傾向にあるのは一見すると喜ばしいことであります。事実、ボランティア団体や個人の努力が実を結び新しい飼い主とのマッチングが進んでいます。

一方動物愛護法(35条1項)、動物愛護法施行規則(21条2項)の改訂により、保健所などがブリーダーやペットショップからの持ち込間れる動物の受け取りを拒否できるようになった、結果として殺処分数が減った「ように見える」と言うのも現実なのではないかと思います。それら、引き取られなかった動物たちはどこに行ってしまうのでしょう。悪質なブリーダーの元にいた年老いた繁殖動物、疾患を抱えた動物はどこに行ってしまったのでしょう。

流通を通じて失う命も数万と、信じられないほどの数字に上ります。

別の機会に日本における現状を伝える機会を持つとして、ここではそのようなボランティア団体の力に少しでもなれればと、皆さんへの協力依頼をいたします。

 

動物の命を救うためのアクションは、動物を飼うことだけではありません。保護動物のことをちょっと考える、保護動物を扱う団体に支援物資を送る、ボランティア活動をしてみる など多岐にわたります。

各団体ともにペットフードやペット砂、ペットシーツなど日常的に使うものを必要としています。

そのため『Amazonほしい物リスト』を以下の通り公開させて頂き、関心、賛同をいただける方に是非ご協力をいただきたく、依頼する次第です。リンクには団体が欲しているものを掲載しています。なお物資は直送でボランティア団体へ届けられます。

どうぞよろしくお願いします。

 

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA