ディエゴとChivas

ディエゴ・ルナ(Diego Luna Alexander)が大好きだ。その屈託のない笑顔、顔に似合わない声、真剣に何かを見つめる横顔が大好きだ。
一時監督業への関心からメディアへの登場が減った気もしたが、最近復活してきたようでファンとしては嬉しい限りである。今回は彼の大人の魅力がたっぷり詰まった最新作を紹介しよう。今回のプロジェクトは世界でも人気のシーバスリーガル(Chivas Regal)によるもので、テーマは “SUCCESS IS A BLEND” である。

実はシーバスとディエゴの付き合いは今回が初めてではない。2013年親友のガエル・ガルシア・ベルナルとともにディエゴはシーバスの作品を作った。その時は男の友情がテーマだった。Part1ではディエゴが、Part2はガエルが監督を務めるというちょっと変わったスタイルで人々を楽しませた。その話はまた別の機会でするとしよう。

 

シーバスリーガルはブレンデッド・ウイスキーの著名な銘柄のひとつだ。今回ディエゴはその中でも創意工夫、創造性によって作られた最高傑作Chivas Regal Extra13を紹介する。コレクションのうちの一つ、テキーラカスクはその名の通りメキシコで愛されるお酒テキーラの要素をふんだんに取り入れ “BLEND” され出来上がった逸品である。

メキシコ出身のディエゴのスタイルもまた今までの概念に囚われることなく、様々な要素を取り入れながらチャレンジしていくというもので、国内外でも高く評価されている。また、多様性、陽気さ、新鮮さという点でも類似ポイントがあり、今回の起用となったのだろう。

ここではお酒自体の評価をするつもりはないが気になる人のために書いておくと、テキーラ=きついというイメージとはかけ離れており、初心者にも飲みやすいという。より詳しい情報を知りたい人のためにWHISKY Magazine Japanのリンクも共有しておく。

ちなみにこの作品もLa corriente del Golfoが制作した。
La corriente del Golfoによるディエゴの作品についてはブログ「ディエゴと一緒に食事会」もどうぞ。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA