グルー&ミニオンズが教える今安全に生きるすべ

今一度グルーとミニオンズからCOVID-19との付き合い方を教えてもらおう。

三密の回避、この概念自体は生活に随分と定着してきたように思う。
でもそれを知っているのと、実行できるのは全く別の話だ。

おさらいである。三つの密とは「密閉」「密集」「密接」のことを言う。
この手の感染症はフィジカル・ディスタンスを保つことが重要であり、必須である。

手本となるべき政府・行政すら未だオンライン化が進まず、リアルな空間でしか物事が運ばないと考えている人も多いようだが(ゆえに、国会での会議は密集し、記者会見も対面形式で行われている)それは幻想でしかない。事実、海外のトップたちはWeb会議を実践している。これほどまでにソーシャルネットワークが発達し、スマートフォンでのテレビ電話が一般化した今、物理的に遠くにいることが人との繋がりを希薄にさせるなどと、どの口が言うのかとすら思えてくる。

 

ただしどうしても家時間が増えてしまっている今、落ち込み塞ぎがちになっている人がいることは確かであろう。だからこそこのようなテクノロジーを活用し人との繋がりを活性化させることで、モチベーションを保ち、心を健康な状態にしておくことは重要だ。

そしてもう一つ。「思いやり」を忘れてはならない。
COVID-19により自分のやりたい事を思い通りできない。それゆえにストレスが溜まりがちなことも確かだ。でもこれは私(あなた)一人だけがそういう状況にあるわけではなく、むしろ世界中の人々が共通に感じていることだ。ストレスの発散も心身を健全に保つためには必要だ。でも、その発散場所が他者であっては決してならない。自分中心の考えから脱却し、皆が苦しい時だからこそ支え合うそんな社会をみんなで作っていけたらと思う。ちょっとした思いやりは、ピリピリした心の潤滑油となる。悩んでいる人の拠り所となれるかもしれない。是非助け合いの精神を持って人と対峙して行こう。。

 

我々が今なすべきことは医療従事者、社会インフラを支えている方々がより少ないストレス下で安心・安全に過ごせるよう環境を整えることである。これ以上の負荷を自らのワガママがゆえに、それらの人々にかけてはならない。
節度ある行動は自分のお気に入りのお店を守ることにもつながる。COVID-19感染者の押さえ込みは、社会活動の回復スタートにもつながる。
ゆえに
「他の人がやっているからいいや」という考えを捨て、自らのわがままをセーブすることが今求められる。
そして、今こそ自分の意識改革と、「今」の社会に適合していこうとする前向きさと勇気が必要だ。今を乗り越えなければ明日はないのだから。

 

KEEP DISTANCE BUT STAY CLOSE

 

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA