キューバに関する視聴覚資料の検索はENDACで

来たるゴールデンウイーク、やることがないと嘆く/呟かれる前に情報の提供をしておこう。

Enciclopedia Digital del Audiovisual Cubano (ENDAC)はいわゆるデジタル辞典である。キューバに関連する視聴覚資料を取り扱っており「調べる」だけでなく情報の交換の場として利用できることがプラットフォームだ。視聴覚資料というと映画を思い浮かべる人も多いだろうが、それだけではない。雑誌や視聴覚作品に関する論文、イベントなどありとあらゆる情報を取り扱っている。

キューバにおけるサイレントムービーの歴史について知りたければ “Cine Silente” と検索すればいいだけだ。すると、例えばキューバ映画の研究者および歴史家であるMaría Eulalia Douglasが “Catálogo Del Cine Cubano 1897- 1960″という論文をpublicados por Ediciones ICAIC (2007-2018)   で寄稿しているなどと言ったことがわかる。

 

また、説明ページには時に映画のトレーラーもついているから、次見る作品を物色するのにも役立つことだろう。なおこのポータル自体はスペイン語の他に、英語、フランス語にも対応をしている。

 

なお情報は驚くほどの速さで溜まっている。例えば2020年には5,245もの情報が追加されたという。

 

ぜひ一度ENDACのポータルを除いてみて欲しい。サイトへのアクセスはこちらから。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA