新種の恐竜見つかる(チリ)

チリのアタカマ砂漠で見つかった恐竜の骨は調査の結果、新種のものであることがこの度確認された。

この骨は1990年代地質学者Carlos Arévaloによってコピアポ市近くで最初に発掘され、上腕骨、大腿骨、坐骨の一部、さらに首と背中の椎骨が見つかったという。推定6.3mのこの恐竜は成長しきっておらず、大人になれば8mくらいの体長を持つ。

ティタノサウルスのグループに属するこの恐竜は、小さな頭と長い首を持ち、そのまっ平な背中が世界でも例を見ないほどの特徴という。 この恐竜が草食であったこと、さらには顕花植物、シダ、ヤシの木など緑豊かな場所で生活していたことを思うと、今や世界で最も乾燥しているとされるこの土地と8000万年から6600万年前の白亜紀の終わりのそれとは、あまりにもその姿にギャップがあり驚嘆すら覚える。

チリで発見された3番目に発見されたこの非鳥類恐竜は先住民のクンサ語でアタカマの骨を意味する「Arackar Licanantay」と名付けられた。なお、これよりも前に発見されたのは「Atacamatitanchilensis」と「Chilesaurusdiegosuarezi」である。

セルナゲオミンの施設に収容されているこの化石はCOVID-19のパンデミック規制が解除された後、国立自然史博物館の中央ホールに展示されるという。 アタカマ砂漠、宇宙人以外にも未確認生物がまだまだ出てきそうだ。期待が大きい。

 

 

Nacional del Patrimonio Cultural(国立自然史博物館)

住所:   Parque Quinta Normal, Santiago, Chile.
電話:     +56229979203 
E-mail:   comunicaciones@mnhn.gob.cl

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA