社会課題解決型持続的な物流手段がキューバに登場

二酸化炭素の排出量を削減することは、次の世代の人々へこの美しい地球を引き継いでいくのにマンダトリーで実施しなければならない事項と言えよう。

勢いがあるが故にエネルギー消費量が莫大になり温室効果ガスを大量に排出してしまう開発途上の国々は、結果として地球温暖化の元凶とされ、さも彼らだけが悪とされるのは私は違うように思う。

我々日本もまた同様の道を数十年前に辿ってきたことを思うと、それらの国々を避難をするのではなく、むしろ経済活動を通じて得たノウハウを彼らに伝え、彼らが少しでもクリーンな活動ができるよう支援すべきなのではないかと考える。

ただし、世界における社会課題への取り組みは、先進国から途上国と言った枠組みのみで語られるようなものでなく、同時並行的に実施されていることも忘れてはならない。

例えばキューバを見てみよう。

私の大好きなキューバ 。そして、いまだ負のステレオタイプを持って語られることが多いキューバ 。テクノロジーは存在せず、独裁政府、社会主義政策のもと、自由を束縛され、ちょっと時代錯誤な生活をしているとお思いだろうか。答えはノーである。

何十年にもわたる米国による経済制裁が社会に影響を与えているのは確かだろう。でも彼らがそれに甘んじ、不平不満ばかりを言っているかといえば、そうではない。皆、より良い社会を作るため、考え、努力し、希望に胸を膨らませ生きている。

首都ハバナに拠点を構えるスタートアップ、Zaaz Bicimensajería(以下Zaaz社)もまた社会に光を注ぐ一社だろう。

キューバにおける都市間移動は窮屈に感じることが多い。それは交通機関の不足によるものだが、人の輸送のみならず、物資輸送においても例外なく言える。COVID-19のパンデミックによる外出制限は、輸送手段の少なさに拍車をかけ、キューバにおける物流はより困難な状態に陥った。そんな中、持続可能性にフォーカスをし社会課題を解決しようと登場したのがZaaz社というわけだ。

彼らはサイクリストを手段に、地元企業や消費者向けの運搬サービスを開始した。ユーザには2つの配達形式「速達(即納)」と「予約(日時指定)」の2種類を提供し、より使いやすいものとした。サービス提供開始時はCOVID-19による影響もあり、厳しい時もあったようだが、口コミがユーザと運び手を増やし、着実なる成長を遂げている。

彼らのますますの活躍と、社会課題の早期解決に大いに期待したく、また一度活用してもみたいと思った。

価格と問い合わせは下記参照。

距離感としては私が時々自転車を使うルート、トリニダ(Trinidad)からボカ(La Boca)が約6.5キロ。

 

Zaaz Bicimensajería

La Habana, Cuba +53 5 9429524
bicimensajeros.cuba@gmail.com
https://www.facebook.com/zaazbicimensajeria.cuba

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA