次の渡航先を考えて

引き続きCOVID-19による国またぎの移動が制限されている。

観光は平和が前提で成り立つものだし、世界的に広がるウイルス感染者の増加と、いまだ根本的な解決策を見出せていないウイルスと人間との攻防を見る限りにおいては、移動制限は致し方なく、まずはそれを受け入れるとともに、自分が社会に対して実行できる最大限の協力(つまり節度ある行動の元、自らが感染源とならないよう努力すること)に勤しもうと思うのである。

 

とはいえ、何もせずに口を開け待っておくというのは性に合わないし、
来るべき時にタイミングよく渡航できるかは、各国における最新の状況を把握できているかによるから
後悔せぬよう常日頃からUpdateしておきたいと考えている次第だ。

 

そんな中思うのは、自らを取り巻く情報に偏りがあると言うことだ。
ニュースでは感染拡大が極端な米国、お隣の中国、COVID-19の変異種が発生している英国やブラジルの情報しか入ってこないし、自発的に取りに行く主はラテンアメリカ情報と、世界を網羅できているとは全くいえない状態だ。

 

自らの得意分野があるとは言え、World Traveller であり続けたいと考える私としてはやはり物足りない。全世界の情報を俯瞰して持っておきたい、これが私の願いである。

 

それを叶えるものとして登場したのが国際航空運送協会(IATA)の世界各国の渡航制限情報”COVID-19 Travel Regulations Map (powered by Timatic)” だ。地図を見れば、一目瞭然。渡航制限のある地域、ない地域などがすぐわかる。

米国同様感染者が爆発的に拡大している私の大好きな国メキシコは、2020年1月18日時点入国制限なしとのこと。流石に行きはしないが勝手に入国できないと考えていたから驚きだ。

色の説明は下記参照
濃いブルー: 全面的な入国制限
ブルー  : 部分的な入国制限
淡いブルー: 入国制限なし
グレー  : 状況確認中

 

もちろん、最終的には自分でも各国に対して確認をすべきだと思うが、是非参考にしてみたらいかがだろうか。

2 Comments

  • miyachan 01/20/2021 at 10:37

    いい情報ありがとう。Marinaさん次のTravelはメキシコですか。ワクチンも普及し、早く再始動できるといいですね。

    Reply
    • MARINA 01/30/2021 at 21:55

      正直行きたいところだらけで、迷っちゃいますね。でも、メキシコはやっぱり一年に1回くらいは行かないと調子出なくってw

      Reply

Leave a Comment

CAPTCHA