私をお忘れでしょうか

こんばんは、久しぶりの登場のひろしです。
あまりにも久しぶりで、みなさん、私を忘れていらっしゃいませんでしょうか。

冬バージョンでモッフモフになっているので、わかりづらいかもしれませんが正真正銘ひろしです。

 

なぜか、執事とひろしとずっとすれ違いが続き、その存在を近くに感じながらもここ数週間出会うことができずにおりました。

が、ついに感激の再会を果たしました。

 

ついこの前まで、ゴロゴロー、スリスリーっとしてきたひろしは、
なんだか今日は知らない人を見るような目で私を見てきます。

撫でられる時も、なんだか嫌そうな顔。

 

ちゅ〜ると、おやつで少し気を引くことができたものの、追い回せば(追い回したからか)スタコラサッサと逃げていきます。

 

「ひろしよ、むしろ、私をお忘れでしょうか。。。」

 

「猫は三年の恩を三日で忘れる」と言いますが、私はそうでないと信じています。
恩を着せてるつもりもないから、そういうものはどうでもいい。

でも、私を忘ないでくれ、そう大きな声で言いたい。

 

追記
ひろし を忘れた、知らない方は検索バー「ひろし」でチェックを。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA