レシピ:金目鯛の兜煮(日本)

どう考えても魚が好きだ。
お店でも作るのも、お家でオーダーするのもまずは魚、魚、魚である。

ふらりと寄った魚屋に並んだ新鮮な金目鯛のあらを見て即決した。
今日の夕飯には煮付けを食べようと。

とっても簡単にできるあらの煮付けの作り方をご紹介。

是非試してみて欲しい。

 

人数   
調理時間 30 min +
材料   金目鯛頭 1匹分(中骨もあれば一緒に煮てもOK)

     水 200cc
     みりん 50cc
     料理酒 60cc
     三温糖 大さじ1
     醤油 50cc
     生姜スライス 適量

 

下準備  
金目鯛を真ん中より2つに切る(兜割にする)。
鱗を出来るだけ取る。難しければ、熱湯をさっとかければ鱗が浮いてくる。
氷水につけ鱗や血合いを取っておく。     

 

調理方法
1. フライパンに水と醤油以外の調味料を入れ沸騰させる。
2. 液が沸騰したら金目鯛を入れる。
3. 落とし蓋かクッキングペーパーで蓋をし強火で加熱する。目安は液が半分になるくらい。
4. 液が半分くらいになったら、醤油を回し入れる。
5. 落とし蓋をして中火でコトコト煮込む。煮汁の量が半分程度になるまで。
6. ネギなど付け合わせの野菜など必要であれば、煮汁が1/4くらいになった時点で加え入れ1分程度汁にからめ火から下ろす。
7. ヘラなどを使って魚を取り出し盛り付け出来上がり。

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA