地ビール:セルナムの人々

文化人類学をかじってきた人間として、土着の人々の暮らしや歴史を旅先で知ることは大変喜ばしいことである。世界には色々な人がす住み、様々な文化を形成している。残念ながら、すでに現世から失われてしまったものもある。それでも、残されたピースを紡ぎ合わせながら、後世に語り継がれ、昨今ではそれが観光の対象となっていることも、大いにある。

チリを訪れる前、にわかに気になっていたのが、セルナム(Selk’nam)の人々だ。 アメリカ大陸南端のフエゴ島に居を構え、数千年もの間土地を守ってきた。

疫病、大虐殺、一方での文明化を経て生き延びてきた彼らであったが、最後のセルナム人 ビルヒニア・チョキンテル(Virginia Choquintel)の他界(1999年7月2日没)とともに、いわゆる純血と言える人物はこの世から姿を消した。なお、彼女自身はいわゆるセルナムの土地で、その民族らしい生活を送っていたわけではない。

 

私がセルナムを知ったのは、彼らが脈々と伝えてきたアイン(Hain)と呼ばれる成人の儀による。その儀式に登場してくるスピリッツを体現化した姿があまりにもユニークなのだ。別ページでセルナムやアインについてもう少し細かく述べて行きたく思うが、取り急ぎは備忘のために彼らの土地ティエラ・デル・フエゴ(Tierra del Fuego)で購入したビールを紹介しよう。死に物狂いでこのビールを探したわけだが、その理由はラベルを見れば一目瞭然。スーパー戦隊シリーズに悪者で出てきそうなキャラ、つまり儀式アインで演じられる(降臨する)キャラクターたちがそこには描かれているのだ。なんとも、シュールで、なんとも可愛いらしくユニークなのだろう。

レストランでオーナーに在庫をチェックしてもらい(迷惑な話だが)見つけてもらったのは以下4パターン。その他のビールを見つけた人は是非情報を共有して欲しいところである。

各々のビールの詳細とアインでの各々の役割は以下をご覧されたし。

 

MATAN (Portar)

儀式での役割: マタンはアインの儀式において、ダンサーの役割を担う。彼らが空から降り立つとき、人々は熱狂的なほど彼らを賞賛し、また、彼らの驚くほどの垂直ジャンプを見ると、人々のボルテージはますます上がっていくのである。

ビールの特徴: 赤褐色をし、ボディはミディアムからストロング。絶妙なダークモルトからトーストモルト、さらにはスモーキーなタッチまでさまざまなフレーバーが特徴。(Alc 5.6%)

 

KULAN (Irish Red Ale)

儀式での役割: クランは「不幸な女性(mujer fatal)」の役割を担う。家父長制社会においては興味深い存在で、彼女はどんな人とも愛を育むことができる。森の中に潜み、好きな人に忍び寄っては誘惑をするという。

ビールの特徴: わずかに赤みを帯びた色は、麦芽に加えて大麦の焙煎によるもの。麦芽とほんのりとしたキャラメル風味(Alc 5.6%)

 

ULEN (Amber Ale)

儀式での役割: フエゴ島北部における男性の精神の本質を表す。風のように素早くそして軽快であり、驚くほどの速さを部分的に表現している。

ビールの特徴: 幾分クリアな色をし、クリーミーでかつ滑らかな風味である。極めて自然に近い形であるものの、批判的でやや苦いタッチも感じる。(Alc 4.6%)

 

KOTAIX (Stout)

儀式での役割: アラハチェス(Halahaches)という別名を持つコタイクスは、空を表す男性心で、男性に対する拷問と殺害をシミュレートする。恐怖を引き起こし、グロテスクでもあるが、霊魂が良い状態であれば、滑稽さを与えるかもしれない。

ビールの特徴: 密度が濃く、真黒なビールである。ナッツ、ココア、コーヒー、さらにはチョコレートといった甘い記憶を呼び起こす強い風味を持つ。(Alc 4.6%)

 

子どもたちがアインの儀式について学ぶための歌と共にそのスピリッツを感じてほしい。

歌の中で出てくる単語の補足としては以下の通り。
soortes:精神
kloketén: 大人になる前の若い人たち
hain:  成人になるための儀式

 

参考資料:

1. Selk’nam: La ceremonia del HAIN [Parte 2]

No Comments

Leave a Comment

CAPTCHA